カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS


塗装方法について

●塗装方法について

・ウレタン塗装について

ウレタン塗料で木の表面に塗膜を造り塗装します。塗面は硬く、傷つきにくく、お手入れも簡単で、オイル塗装に比べ強度があります。

また、塗膜があることにより水気に強い特徴がありますが、塗膜を作るため木の素材感や温かみはオイル塗装に比べ欠けます。

傷や汚れが付きにくい特徴がありますが、一度付いた傷の補修や塗り替えには設備や技術が必要になり、オイル塗装に比べ容易にメンテナンスが出来ません。

-----------------------------------------------------------------------------------------

・オイル塗装について

オイル塗装はオイルを木に浸透させ、保護する塗装方法です。表面に塗膜を作らないので木が呼吸することが出来ます。塗幕を作りませんのでウレタン塗装に比べ木の質感・温もりをそのままに感じられます。

また、小さなキズや軽度の汚れや染みなどは研磨とオイルの塗り直しを行うことで、一般家庭でも比較的容易に補修が可能です。

オイル塗装は使用していくうちにオイルが蒸発していきますので定期的にオイルを塗りなおす必要があります。メンテナンスには当社指定のメンテナンスキットを御利用下さい。

-----------------------------------------------------------------------------------------

各塗装共に普段のお手入れは、水を含ませた布巾を固く絞って拭いて下さい。

水気に強い特徴がありますが、水などをこぼれたまま長時間放置しておきますとシミみ原因になりますのでご注意ください。

ページトップへ