カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS


フィンランドのパイン材。


【パイン材はエコなのか?】

----------------------------------------------------------------------------

先日、たそがれ時の時間帯、ここ数年お付き合いのあるイノウエコーポレーションの
井上社長にパイン材についてお話しをうかがって来ました。

DSC00170入り口.jpg

井上社長は元々家具用の塗料の販売から会社を興され、海外との貿易の経験を使って
家具用の木材や金具なども調達されていて、最近ではヨーロッパでのコネクションを生かして
バッグなどの革製品の企画・販売をされている、地元ではとても異色な社長さんです。

そしてインテリアストリートカンパニーでは、ここ数ヶ月前から井上社長が在庫されている
フィンランドパインを分けていただいて、新しい商品作りに取り組んでいまして、
このフィンランドパインについて色々と伺ってみることにしました。

井上社長はヨーロッパでも特に北欧に興味を持たれていて、入り口の看板や事務所の外観など
北欧の雰囲気がなんとなく漂う、センスのいいつくりになっています。

DSC00173外観.jpg

社長に取材を申し込むと、恥ずかしがり屋な性格なのか、近くでの撮影はNG。
遠巻きから1枚だけ、お話しの風景を撮らせていただきました。
奥の壁にはフィンランドパインが3枚立てかけられていて、いい雰囲気とともに、気のいい香りが漂っています。

DSC00176社長.jpg


つつみ  社長こんにちは。

井上   こんにちは、どうも。

つつみ  今日は、ここ最近使わせていただいています、パイン材についていくつか質問があってお伺いしました。

mocotv.jpg
                         (パイン材で製作したmocoTVボード)

井上   わかりました。わかる範囲ではお答えできると思いますので、よろしくおねがいします。

つつみ  最初に、自分が全く家具の素人だった10年前、この業界に入った頃にパイン材という存在を知ったのです
      が、パインといえばパイナップル・パインアップルがすぐに思い浮かびまして、なぜ、同じパインという言葉が
      使われているのかずっと不思議だったんですが。。。

井上   それはですね、松の木のことをパインと言って、松の木になる松ぼっくりがパイナップルの形に似ていて
      味はりんごに似ているからそう呼ばれるようになったみたいですよ。

つつみ  パイン材の名前の方が先なんですね。

井上   そうみたいです(笑)



つつみ  ところで社長、話は変わりますが、パイン材ってどれくらいエコなんでしょうか?
      森林の伐採やら、シックハウスやら環境問題って最近特に身近になってますね。

井上   ここにも並んでいますね。(事務所の奥を指差して。。。)
      これらのパイン材はフィンランドから輸入しているのですが、フィンランドではむやみな伐採がされないように
      国や業界団体が目を光らせています。

つつみ  そうなんですね。

井上   SFCという承認団体があってここの承認をとっているということがとても大事になります。

つつみ  SFCって何ですか?

井上   SFCは森林管理協議会(1993年カナダで設立)の頭文字の略なんですが、言うなれば、
      森林資源をなくさないように未来に向けてずっと森林を管理していくための仕組みなんですよね。

つつみ  へー、それってすごくエコって言えることですよね。

      それから、少し気になるのが、このパネルの木と木の継ぎ目にボンドが使われれていると思うのですが、
      このボンドについてはどうですか?

井上   ボンドについては人への影響が出来るだけ少ないようにつくられているボンドをが使われていまして、
      日本で言えば「☆☆☆☆」で表されるフォースターの基準をクリアしているものです。

つつみ  ヨーロッパですからそこらへんは厳しい?

井上   日本以上に厳しいでしょうね。
      何か問題を起こしたら不買運動なんかが起こる地域ですから。。。

つつみ  といっても科学性のものですからパーフェクトではないのでしょうけど、そういう国でつくられている
      信頼できるパイン材ということですね。

井上   そうです。



つつみ  最後になぜ井上社長はパイン材を取り扱われようと思われたのかお聞きしたいのですが?

井上   パイン材というのはヨーロッパでは普段使いの家具に使われる素材で、お値段も手頃なんですよね。
      それから出来上がった家具を日常使うことで傷が入ったり、角が丸まったりと、使っている人と一緒に
      家具が歳をとっていく感じがとてもいいんですよね。

つつみ  硬い木で作った家具はいつもしっかりしていて、それを感じない?

井上   そうです。

      お手頃な価格で買い求めた家具を傷をつけながら、傷を思い出にしながら使い続けていくという感じを
      皆さんにも知っていただきたいものですね。

つつみ  本当にそうですね。
      それでは、今日は貴重なお時間を頂きまして、本当にありがとうございました。

井上   こちらこそ。ありがとうございました。

つつみ  これからもがんばって社長のところのパイン材を使わせていただきますので、
      今後ともよろしくお願いいたします。

DSC00182夜.jpg


☆イノウエコーポレーションで扱っている革製品(マイウォリット)です
DSC00181さいふ.jpg




ページトップへ