カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS


山男に会いたくて。


【あの中津江村にて杉の伐採現場を取材してきました 】

----------------------------------------------------------------------------



数年前にサッカーのワールドカップでカメルーン選手の滞在で有名になった

大分県と福岡県の県境にある中津江村にやってきました。

中津江村といえば林業。林業の現場をこの目で確かめに来ました。

DSC00088中津江.jpg

今日お相手いただくのは地元に育ち、林業に関わって20年以上。
生まれも自分と同じ昭和43年で、只今42歳の川津洋二さんです。

余談ですが、自分の名前がりょうじなので、とても親近感が。。。

待ち合わせには洋二さんが指定の場所まで迎えに来てくれました。

DSC00094出会い.jpg

つつみ    こんにちは。

洋二さん   どうもこんにちは。

つつみ    はじめまして、、、ではなくて今日二回目ですね。

洋二さん   え、そうでしたっけ?

つつみ    何年か前にダムの横のログハウスで村の皆さんで飲んだときに自分も居たんですよ。

洋二さん   あ〜っ、なんか思い出してきました。。。そうでしたね。ど、どうもご無沙汰です。


つつみ    今日は林業の現場を見せていただけるということでお忙しいところほんとすいません。

洋二さん   今日は間伐の仕事をやりますので、気をつけて見てってくださいね。
        まずは、ちょっと道具の手入ればしますね。
        チェーンソーの刃を研ぎます。

DSC00083研磨.jpg

つつみ    手入れしながらでもお話いいですか?

洋二さん   はい。

つつみ    洋二さんなりに林業の現状を教えてもらえませんか?

洋二さん   どんな仕事でも一緒かも知れんけど、杉の単価が下がっちょーね。
        前は1リューベ(*)2万円で市場で売れると12000円くらいは地主さんと自分たちに
        入っていたんやけど、今は1リューベ8千円くらいになっちゃって、補助金をくっつけて
        仕事を作らんと何も残らなくなりました。(*)1リューベ=1立方メートルです。

つつみ    自分も家具の仕事をしてるんですけど、同じようになっていますね。

洋二さん   はー、そうですか。やっぱりどこも一緒ったいね。

        それじゃ、切りにいきましょうか。
        今日は3本に1本の間隔くらいで、若い木から50年くらいの木を間伐します。

つつみ    それでは、よろしくおねがいします。

DSC00095後ろ姿.jpg

つつみ    ところで洋二さんにとって山の仕事の魅力ってなんですか?

洋二さん   そ〜ね〜 まわりが自然に囲まれて、ストレスだけはまったくないところで仕事しているっていう
        とこやろね。
        あとは、運命みたいなもんで、山に生まれて、山で育ったっちゆー、それだけのことだと思います。

つつみ    なるほどですね。自分も家具屋の息子に生まれて、家具屋になっているんで、同じなんですね。

洋二さん   それじゃ、切りはじめるのでちょっと下がっとってね。



     と言って、洋二さんは4本ほどたて続けに杉にチェーンソーを入れ、杉を切り倒しはじめました。

DSC00114のこ入れ.jpg

    バキバキバキ〜 ズド〜〜ン となぎ倒された杉の木の音が山あいに響きます。

DSC00123瞬間.jpg

    下草を切り、杉を切り倒すことであたり一面に山の香りが立ち込めました。

    なんとも言えない香りで、本当にきもちいい一瞬でした。

    杉を4本切っただけなのにあたりには今まで隠れていた日の光が差し込んで、

    ちょっと肌寒かった空気がいい感じにほっこりと温かくなるのを感じました。

DSC00136倒木と林.jpg

洋二さん   だいたい50年くらいやろーか

つつみ    それくらいですね、きっと。

DSC00127年輪.jpg

洋二さん   この木は杉の種類の中で、ヤブクグリちゅーて根元が少し曲がっていて、枝が硬いんよね。

つつみ    へ〜 杉にも種類があるんですね。

洋二さん   自分たちも杉を見ただけですぐにわかるものは少ないけど、たくさんの種類があるんよね。

DSC00132男前.jpg

洋二さん   ところでつつみさんは杉で家具をつくっているみたいやけどどうして杉で?

つつみ    日本にはこんな感じで本当にたくさんの杉の山があって、そこで働く人たちがおるのに
        なかなか杉が使われずにいろんな人たちが困ってますよね。
 
        また、こんなECOの時代になってもたくさんのエネルギーを使って海外から材料を
        仕入れたりしているし。

        だから、まず、自分たち家具屋としては、日本にたくさんある杉を有効活用しないと
        いけないと思いまして。。。
 
        ようじさんがこうやって切ってくださる杉がもっとたくさん使われるように微力ながらも
        がんばっているところです。

洋二さん   そりゃ〜いいことしよるねぇ

つつみ    ありがとうございます。がんばりますんで、ようじさんもいい仕事してくださいね。

        それじゃ、お忙しい中、仕事のお邪魔をして本当にすいませんでした。

洋二さん   いえいえ、いつもあんまりしゃべらんと仕事をしとるから、今日はなんだか刺激になったよ。
        こちらこそ、どうもでした。

つつみ    そうだったら、ちょっとうれしいです。今日は本当にありがとうございました。


    最後に洋二さんと一緒に記念撮影。

DSC00152ツーショット.jpg

山仕事の大変さとかっこよさを実感した一日でした。

もっともっと日本の杉で作った商品がお客様のお手元で活躍できるように、自分たちも日々がんばって

いきたいと思う今日この頃です。

帰り道、うず高く積まれた杉たちが、家の柱や家具の材料として活躍できる日を待ち望んでいるようでした。

DSC00153丸太.jpg

         (これからも、ものつくり現場の取材はつづきます。。。)




フィンランドのパイン材。


【パイン材はエコなのか?】

----------------------------------------------------------------------------

先日、たそがれ時の時間帯、ここ数年お付き合いのあるイノウエコーポレーションの
井上社長にパイン材についてお話しをうかがって来ました。

DSC00170入り口.jpg

井上社長は元々家具用の塗料の販売から会社を興され、海外との貿易の経験を使って
家具用の木材や金具なども調達されていて、最近ではヨーロッパでのコネクションを生かして
バッグなどの革製品の企画・販売をされている、地元ではとても異色な社長さんです。

そしてインテリアストリートカンパニーでは、ここ数ヶ月前から井上社長が在庫されている
フィンランドパインを分けていただいて、新しい商品作りに取り組んでいまして、
このフィンランドパインについて色々と伺ってみることにしました。

井上社長はヨーロッパでも特に北欧に興味を持たれていて、入り口の看板や事務所の外観など
北欧の雰囲気がなんとなく漂う、センスのいいつくりになっています。

DSC00173外観.jpg

社長に取材を申し込むと、恥ずかしがり屋な性格なのか、近くでの撮影はNG。
遠巻きから1枚だけ、お話しの風景を撮らせていただきました。
奥の壁にはフィンランドパインが3枚立てかけられていて、いい雰囲気とともに、気のいい香りが漂っています。

DSC00176社長.jpg


つつみ  社長こんにちは。

井上   こんにちは、どうも。

つつみ  今日は、ここ最近使わせていただいています、パイン材についていくつか質問があってお伺いしました。

mocotv.jpg
                         (パイン材で製作したmocoTVボード)

井上   わかりました。わかる範囲ではお答えできると思いますので、よろしくおねがいします。

つつみ  最初に、自分が全く家具の素人だった10年前、この業界に入った頃にパイン材という存在を知ったのです
      が、パインといえばパイナップル・パインアップルがすぐに思い浮かびまして、なぜ、同じパインという言葉が
      使われているのかずっと不思議だったんですが。。。

井上   それはですね、松の木のことをパインと言って、松の木になる松ぼっくりがパイナップルの形に似ていて
      味はりんごに似ているからそう呼ばれるようになったみたいですよ。

つつみ  パイン材の名前の方が先なんですね。

井上   そうみたいです(笑)



つつみ  ところで社長、話は変わりますが、パイン材ってどれくらいエコなんでしょうか?
      森林の伐採やら、シックハウスやら環境問題って最近特に身近になってますね。

井上   ここにも並んでいますね。(事務所の奥を指差して。。。)
      これらのパイン材はフィンランドから輸入しているのですが、フィンランドではむやみな伐採がされないように
      国や業界団体が目を光らせています。

つつみ  そうなんですね。

井上   SFCという承認団体があってここの承認をとっているということがとても大事になります。

つつみ  SFCって何ですか?

井上   SFCは森林管理協議会(1993年カナダで設立)の頭文字の略なんですが、言うなれば、
      森林資源をなくさないように未来に向けてずっと森林を管理していくための仕組みなんですよね。

つつみ  へー、それってすごくエコって言えることですよね。

      それから、少し気になるのが、このパネルの木と木の継ぎ目にボンドが使われれていると思うのですが、
      このボンドについてはどうですか?

井上   ボンドについては人への影響が出来るだけ少ないようにつくられているボンドをが使われていまして、
      日本で言えば「☆☆☆☆」で表されるフォースターの基準をクリアしているものです。

つつみ  ヨーロッパですからそこらへんは厳しい?

井上   日本以上に厳しいでしょうね。
      何か問題を起こしたら不買運動なんかが起こる地域ですから。。。

つつみ  といっても科学性のものですからパーフェクトではないのでしょうけど、そういう国でつくられている
      信頼できるパイン材ということですね。

井上   そうです。



つつみ  最後になぜ井上社長はパイン材を取り扱われようと思われたのかお聞きしたいのですが?

井上   パイン材というのはヨーロッパでは普段使いの家具に使われる素材で、お値段も手頃なんですよね。
      それから出来上がった家具を日常使うことで傷が入ったり、角が丸まったりと、使っている人と一緒に
      家具が歳をとっていく感じがとてもいいんですよね。

つつみ  硬い木で作った家具はいつもしっかりしていて、それを感じない?

井上   そうです。

      お手頃な価格で買い求めた家具を傷をつけながら、傷を思い出にしながら使い続けていくという感じを
      皆さんにも知っていただきたいものですね。

つつみ  本当にそうですね。
      それでは、今日は貴重なお時間を頂きまして、本当にありがとうございました。

井上   こちらこそ。ありがとうございました。

つつみ  これからもがんばって社長のところのパイン材を使わせていただきますので、
      今後ともよろしくお願いいたします。

DSC00182夜.jpg


☆イノウエコーポレーションで扱っている革製品(マイウォリット)です
DSC00181さいふ.jpg




塗装方法について

●塗装方法について

・ウレタン塗装について

ウレタン塗料で木の表面に塗膜を造り塗装します。塗面は硬く、傷つきにくく、お手入れも簡単で、オイル塗装に比べ強度があります。

また、塗膜があることにより水気に強い特徴がありますが、塗膜を作るため木の素材感や温かみはオイル塗装に比べ欠けます。

傷や汚れが付きにくい特徴がありますが、一度付いた傷の補修や塗り替えには設備や技術が必要になり、オイル塗装に比べ容易にメンテナンスが出来ません。

-----------------------------------------------------------------------------------------

・オイル塗装について

オイル塗装はオイルを木に浸透させ、保護する塗装方法です。表面に塗膜を作らないので木が呼吸することが出来ます。塗幕を作りませんのでウレタン塗装に比べ木の質感・温もりをそのままに感じられます。

また、小さなキズや軽度の汚れや染みなどは研磨とオイルの塗り直しを行うことで、一般家庭でも比較的容易に補修が可能です。

オイル塗装は使用していくうちにオイルが蒸発していきますので定期的にオイルを塗りなおす必要があります。メンテナンスには当社指定のメンテナンスキットを御利用下さい。

-----------------------------------------------------------------------------------------

各塗装共に普段のお手入れは、水を含ませた布巾を固く絞って拭いて下さい。

水気に強い特徴がありますが、水などをこぼれたまま長時間放置しておきますとシミみ原因になりますのでご注意ください。

ページトップへ